マイクロストラテジーの人事ソリューションによる人事データ分析と人材管理

人事部門は、企業の最大の経費と最大の資産、すなわち、従業員を管理するという任務を担っています。人事チームは、適切なスキル・人数・人材を確保し、企業のビジネス目標を達成できるように従業員を配置しなければなりません。しかしながら、今日の雇用環境は非常にダイナミックです。2014年現在、米国の労働者が同じ雇用主の下で継続的に勤務する平均年数は4.6年となっています。

エグゼクティブドシエ

エグゼクティブマネジメントが人事プロセスの現状について把握できるようにする。

人材計画

主要なポジションにコスト効率の良い手段で、適切な人材を補充する。

採用活動の自動化

対話形式を採り入れた採用リソースを手近におくことで、採用活動を強化する。

採用活動分析

傾向や主要KPIの掲載されたレポートで採用活動の効果を評価する。

人員減分析

離職の危険がある社員を見つけ出し、優秀な人材を維持するため、積極的な措置をとる。

パフォーマンスマネージメント

優秀な人材を特定し、将来のリーダーの育成、キャリア開発の最適化に役立てる。

トレーニングと教育

役割に固有のトレーニングとリソースを社員のMobileデバイスに直接提供する。

マネージャーポータル

社員情報と申請リクエストへの統合アクセスを提供することで、マネージャーの効率を改善する。

社員セルフサービス

社内システムの操作を合理化することにより、社員のやる気を引き出し、生産性を高める。

デジタルIDバッジ

簡易でセキュアなエンタープライズアクセスのためのデジタルIDバッジで社員を支援する。

勤務時間および出退勤追跡

タイムシートや紙ベースのプロセスをBluetoothベースの社員チェックインシステムに置き換える。

エグゼクティブドシエ

The Challenge

社員の情報はときに、人的資本管理、採用管理、その他のシステムに分散することがあります。その結果、人事エグゼクティブにとって、人事業務の状況の監視、注意を要する傾向の検出を困難にしています。

The Solution

MicroStrategyソリューションは、主要な人事システム、人材管理システム、パフォーマンス、給与などからのデータを統一することで、企業組織の総合的な情報を人事責任者に提供します。直感的なビジュアリゼーションで主要なKPI(主要業績評価指標)を提示することで、MicroStrategyは、採用から、人員削減、福利厚生事務、給与に至るまでの人事業務全体について人事責任者に最新情報を報告するのに役立ちます。企業は、社員の潜在能力を最大化し、効率性を向上するために、これらの洞察を使用できます。右側の画像には人数の傾向、雇用率、部門率、部門レベルでの離職率などに関連した人数に関する概要サマリーを提供するアプリケーションを示しています。

エグゼクティブドシエ

人材計画

The Challenge

今日の動的でペースの速い雇用環境では、人事の専門家には詳細な労働力に関する洞察が不可欠です。そうした洞察を手にすることで、適切な役割に適切なスキルをもつ人材を適材適所で配置できるようになります。

The Solution

MicroStrategyソリューションがあれば、人事チームは、適格な人材を重要な職に確実に就かせるために、社員数とそのスキルを注意深く監視できます。MicroStrategyの予測分析は、将来的な求人のニーズを的確に予測し、組織調整を行えるよう、社員の減少、予算の変更、社員満足度など、ビジネスに不可欠な情報の獲得を支援します。たとえば、このアプリケーションでは社員数の予測や社内のビジネス部門の予算の背後にある補完的な詳細情報を捕捉します。これら2つの間に見られる変動を視覚化することで、人事管理者はポジションに空きが生じそうな部門や潜在的に余剰の出そうな部門を即座に特定できます。

人材計画

採用活動の自動化

The Challenge

2016年4月、米国において応募中のポジションを埋めるまでに平均29.3日という記録的に長い労働時間が費やされました。雇用サイクルを加速するために採用担当者に必要なのは、遅れを排除し、業務の効率化を図るモバイルツールです。

The Solution

MicroStrategy Mobileソリューションは追跡システムや単独での操作など、既存のアプリケーションを補完できます。これらの人材獲得アプリを活用することで、意志決定者たちはどこにいても採用プロセスを管理できます。そうすることで、彼らは面接を実施したり、候補者のフィードバックを集めたりできるほか、採用者の選択、募集の終了などをデスクに縛られることなく実行できます。これらのアプリは、プロセスの無駄を排除することによりリクルーターが会社にとって質の高い、最善な人材を確保できるように支援します。この例では、リクルーターが面接後の処理を行う対話形式の評価画面を示しています。組み込み型のトランザクション機能といった特徴を使用することで、リクルーターは候補者に関するフィードバックをバックエンド追跡システムに素早く送信でき、採用までの時間を短縮できます。カレンダーや他の基礎リソースはリクルーターが情報を整理し、効率良く作業をするのに役立ちます。リクルーターはこれらを利用することでオフライン環境でも作業を進められます。*出典:DHI Hiring Indicators(DHI雇用指標)- 2016年6月レポート

採用活動の自動化

採用活動分析

The Challenge

人材採用は途切れることのないプロセスであり、人事部は常時宣伝活動および手法の効果を評価することで、主要な空ポジションが迅速かつ、最良の人材で補充されるようにする必要があります。

The Solution

MicroStrategyアナリティクスソリューションはサードパーティの求職者追跡システムからのデータ、社内人事システム、そして他のコーポレートシステムのデータを融合し、人事部に求人活動プログラムの総合的な概観を提供します。人事部門の管理者はオープンポジションが埋まるまでの時間(time-to-fill)、採用にかかる時間(time-to-hire)、採用までの面接数(interviews-per-hire)といったオープンポジションのKPIを見ることで、採用活動の効果を迅速に評価できます。さらに、マネージャーは経歴、個性、増加する労働力の一般的な質などについて洞察を得るために、新規採用者のデモグラフィック情報を取得できます。ここに示したアプリケーションには、色分けした閾値の表示とともに、主要KPIを表示し、現在の採用活動と自然減の状況に対する詳しい洞察を提供しています。マネージャーは採用活動の傾向や全体の社員数を視覚化し、さらに、様々な採用ソースの効果を評価することもできます。

採用活動分析

人員減分析

The Challenge

求人、新人研修、そして新規採用した人材のトレーニングには多くの経費がかかります。組織には採用した人材をつなぎ止めておくのに役立つ専用のツールが必要です。

The Solution

MicroStrategy アナリティクスを使用することで、人事部門の管理者は離職の危険性を示す複数の要素をもつ社員を簡単に特定し、リスクを生み出す条件を理解するために掘り下げ、その状況を解決するために適切な行動を取れるので、重要な人材を確実につなぎ止めるのに役立ちます。例にあるとおり、圧縮率、パフォーマンスレビュー、勤続年数、アンケートの回答などが集約され、全社員に対する合計リスク値が算出されます。このケースでは、3つ以上のリスク要因をもつ社員はさらに綿密な調査を行うべく視覚的に分かりやすく表示されています。危険な状態にある社員の形態は一様ではありません。一例を挙げれば、労働に対し十分な対価が支払われていない人や、別の任務に関心を示す人など様々です。

人員減分析

パフォーマンスマネージメント

The Challenge

最近のアンケートによれば、2年以内に離職を考えているミレニアル世代の71%が、自身のリーダーシップスキルの開発に不満を持っているという結果が出ました。優れた人材をつなぎ止めるためには、人事部は彼らのパフォーマンス考課プロセスに行動可能な結果が含まれるようにする必要があります。

The Solution

MicroStrategyソリューションは、企業が優秀な人材を特定し、彼らのスキルを査定し、より良い目標設定、トレーニングと開発、実績指向の給与上昇と共にキャリアの道を形作ることをサポートします。これらの洞察があれば、マネージャーは社員が自身のスキルを向上しながら、やる気を維持させることができ、そして、将来重要な役職に就くことになるでしょう。上記のレポートには、あるグループまたは企業全体で最高のパフォーマンス評価を達成した社員が分かりやすく表示されています。マネージャーは簡単に特定の社員に関するデータを掘り下げ、社員のパフォーマンス評価の背景にある詳細を見ることができます。さらに、この画面では昇格、つなぎ止め、異動など、様々な階層の社員に対する組織の潜在的なアクションサマリーを表示しています。

パフォーマンスマネージメント

トレーニングと教育

The Challenge

企業は社員の採用、新人研修、リテイン(つなぎ止め)のために莫大な費用を投資しています。そうした投資を最大限回収するために人事部では社員が自身のキャリアを着実に積み、会社の収益に継続的な価値をもたらすことができるよう必要なトレーニングを受けられるようにする必要があります。

The Solution

MicroStrategy Mobileソリューションを使用することで、人事部は社員が自身の役割を成功させるのに必要な情報を得られるようにします。社員はプレゼンテーション、ビデオ、競争に有利な情報にアクセスでき、研修コースの完了・認定もできます。社員はこれらすべてを自身のMobileデバイスで実行できるのです。組織はトレーニングに投資することで、社員のより高い満足度、人員の入れ換えコストの削減、より良いビジネス運営といったメリットが得られます。ここに示す例では、会社の製品、業界のトレンド、法令、競争に有利なオファリングなどの情報に即座にアクセスできる薬品セールスアプリをご覧いただけます。このアプリはプレゼン、ビデオ、製品情報、業界研究など、幅広いマルチメディアコンテンツを社員に提供します。さらに、コンテンツは継続的に更新され、オフラインでも入手できるため、多くの社員が最新のトレーニングリソースを活用できます。

トレーニングと教育

マネージャーポータル

The Challenge

組織の構造は頻繁に変化し、マネージャーは新たなリソースに関する洞察を提供されないままリソースを割り当てられることがよくあります。過去のパフォーマンス考課についての情報、給与および賞与の履歴、昇格履歴、経験分野などは、通常複数のシステムに分散しており、マネージャーがそれらを必要とする時には入手できないこともあります。

The Solution

このアプリケーションを使用することで、連絡先、職務スキル、福利厚生、給与、パフォーマンスデータといった雇用者情報に簡単にアクセスし、管理することができます。さらに、マネージャーは経費、休暇要請、機器の注文、購買注文、メンテナンスリクエストなどを素早く確認および承認できます。結果的に、マネージャーの生産性が向上し、社内のプロセスの回転がよくなり、社員がより良い、一貫性のあるキャリア開発によって恩恵を受けられるようになります。

マネージャーポータル

社員セルフサービス

The Challenge

現代の社員はMobileアプリの利便性に普段から慣れ親しんでおり、雇用者やコーポレートシステムとのやり取りにも同様の利便性を期待しています。

The Solution

MicroStrategyのソリューションを使用し、人事部門は複数のシステムが一箇所に凝縮されたセルフサービス型のアプリケーションを展開することにより、社員のやる気を引き出し、生産性を上げ、満足度を引き上げることができます。これらのアプリケーションを使用すると、社員は自身の個人プロファイルの作成および変更、自分個人の福利厚生や給与情報の確認、疑問があった場合には特定の部門に連絡したりできるようになります。このソリューションは人事や給与関連の透明性を向上し、社員と社員をサポートする各部門とのコミュニケーション全般を改善することができ、その結果、より統合され、知識のある、積極的に関与した組織を作りあげることができます。

社員セルフサービス

デジタルIDバッジ

The Challenge

プラスチック製のIDバッジ、パスワード、ハードウェアトークンといった従来の物理アクセス資格情報は、管理が非効率的で、簡単に紛失したり、盗難にあったりするため、セキュリティ違反に陥る可能性をはらんでいました。

The Solution

Usherを使用すると、エンタープライズは様々に異なる施設とオフィスへのアクセスを集中管理されたデジタルIDバッジで制御することで、エンタープライズのセキュリティ状況を改善できます。Usherバッジには広範な設定と多要素による認証機能などの特徴が備わっています。その一例としては、プッシュ通信、バイオメトリック認証、ワンタイムパスコード、フェースツーフェース確認などのサポートのほか、タイムフェンシング、ジオフェンシングにも対応しています。社員は自身のデジタルバッジを使用して、簡単に出退勤を記録し、Bluetooth近接、またはスマートフォンでデジタルキーをタップすることで、ドアやその他の入り口を開くこともできます。Usherはまた、コーポレートシステムをセキュアに操作できるように、認証レイヤーを一段追加することで、既存の社員セルフサービス型Mobileアプリ補完できます。

デジタルIDバッジ

勤務時間および出退勤追跡

The Challenge

世界的な研究によると、職業上の不正1事例から生じる損失額の中心値は150,000ドルに上ります。* 人事部門では勤務時間と出退勤管理を自動化し、時間記録のエラー(不注意または故意を問わず)を回避しなければなりません。

The Solution

Usherを使用すると、社員が自身のシフトにスマートフォンでチェックインとチェックアウトするという単純な手順を採り入れることにより、組織はタイムシートや時代遅れのシステムを置き換えることができます。Bluetooth近接の特徴とジオフェンシング、タイムフェンシング機能を使用することにより、社員はより簡易な手順で利用できるます。さらに、Usherの多要素認証により、セキュアなユーザー認証を行うことができます。このソリューションは極めて正確で社員がエンタープライズの施設へ入場または退場したときに時間を記録します。場所に制限はありません。エンタープライズのオフィスアクティビティに関するリアルタイムマップを活用することで、マネージャーは社員が本来いるべき場所にでの勤務に従事するよう指導できます。

勤務時間および出退勤追跡

最も強力なアナリティクスプラットフォームを実践する準備はお済みですか?